「なでたような跡がある」

市川詩織 / 波能かなみ / 堀岡暦 三人展

会期: 2018 10 8 ( ) – 13 ( )  12:00 – 19:00 最終日は17:00 まで

会場 : 表参道画廊 (150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3  アーク・アトリウム B02) 

TEL/FAX03-5775-2469  E-mail info@omotesando-garo.com

モチーフやテーマに対する独自の愛を「なでる」というキーワードを通して再考した、市川詩織、波能かなみ、堀岡暦による版画表現作品展を開催いたします。

この三名の制作スタイルに共通する点は、モチーフやテーマに対する私的な()情を間接的に表現するのに、版画技法の特性を有効に用いていることです。

版や 写真など、自己の意思や手によらない「もの」に一旦イメージを託すこと。深く干渉はしないが、決して離れることもない。このモチーフや作品そのものへの独特な接し方は「なでる」行為を連想させます。

ぜひとも多くの方々に足を運んでいただき、そうしたプロセスを経た作品に表出する「なでたような跡」から、三者三様の手の軌道や情動を見付けていただければ幸いです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s